浜松市で会計事務所をお探しの方は高林会計にお任せください!

商品に関する方針

品質に徹底的にこだわり、妥協せずに心を込めたサービスを。

基本 他の追従を許さないほどに商品を掘り下げて磨いていく。

1.我が事務所の生命。
2.独自の商品を開発し、その商品を掘り下げる。
3.他社の真似もドンドンして、“小さな違い”を乗せて提供していく。
4.“会計”が“経営”に役立つよう工夫して提供する。毎月25日までにお客様へ訪問し、月次報告を行うことが最高のサービス。
5.月に一回以上、全てのお客様にお会いする事が最低条件。

品質一番主義 手間ひまかける。

1.サービスが先、利益は後。サボルな!
2.品質の良いサービスは利益に優先する。
・今のお客様に、トコトン喜ばれる商品、サービスを提供する。
・成果、評価は後から付いてくると信じる。
3.質の悪いサービスは不良社員をつくり、不良会社になる。

月次決算報告 月次決算書・・・スピードが命。

・ P/Lは全社員で創られ、B/Sは経営者が創る
・経営者、幹部に儲け方と、お金の残し方を考えて頂くために毎月説明するもの
(1)経営に役立つように解りやすくデザインする。
(2)月次決算が年次決算に結びつくようにデザインする。
(3)経営計画書のチェックに繋がるようにデザインする。
(4)スピードが命。翌月25日までにお届けできるようにする。理想は15日。そのために月次は概算数値でも良い。
(5)未来会計図表を作成する。“何処に手を打てば利益が出るか”をお客様に理解し考えていただく事に的を当てて、作成し説明する。
(6)月次、及び累計のキャッシュフロー計算書を作成する。“損益と資金の違い”、“借入金の返済原資は利益+減価償却費ではなくお金である”ことを理解し考えて頂く事に的を当てて作成し、説明する。
(7)年計表を作成する。売上、粗利益、固定費、経常利益の推移を傾向として捉えて頂くことに的を当てて作成し、説明する。
(8)前年同月比較、前月比較の資金別貸借対照表を作成する。財務体質の変化がいつ起こったかを認識して頂き、財務上の課題について考えて頂く事に的を当てて作成し、説明する。
(9)借入返済一覧表を作成する。月額の返済額、借入条件、借入目的が明確になること、返済額から見た必要利益がつかめる事に的を当てて作成し、説明する。
(10)お客様に繰り返し、1時間以上は説明する。
(11)お客様に宿題を提示し、次回報告会までに考察して頂くよう心掛ける。
(12)月次報告で、お客様に感動と、勇気、元気、希望を贈る。報告の最後に、“打つ手は無限”を一緒に読む。

経営計画書作成と運営

1.決算前検討会で来期の利益計画を作る。
2.毎月の報告時、利益計画と実績の差を認識して頂く。
3.お客様に、経営理念の大切さに気付いて頂き、経営理念を実際に作って頂く。
4.お客様の「経営者としての想い」を文書にして経営方針書を作り、社員さん達に説明して頂き、価値観の共有化を図り、夢のある会社を目指して頂く。
5.経営計画書は、事業経営の魔法の書です。1社でも多くの企業に作って運用してもらうことを、我が事務所の使命とします。

月次監査

[1]巡回監査

1.毎月訪問する。
2.不明点があるときは、翌月訪問時までに解決する。
3.実在性の確認を疎かにしない。
4.年に一度は現場見学をする。
5.申告是認は巡回監査の質の高さに比例すると認識する。

[2]決算、申告

1.商法及び会社法に従って正しい決算書を、決算日後45日以内に作成する。
2.決算前検討会を、決算日前30日~65日に実施し、予測利益、予測税額、節税対策の提案を実施する。対象先は、巡回監査実施先のお客様全社。 各課で管理し、朝礼で実施発表をする。
3.税務申告は全てTKCタックスシステムを活用する。他社システムは扱わない。
4.申告書にお客様の自署を頂く前に、決算申告の内容を説明する。
5.決算書はマニュアルに従って製本し、申告後7日以内にお渡しする。
6.電子申告への取組みをすすめる。FX2導入先のお客様には、電子帳簿保存をすすめる。

[3]会計周辺業務

1.企業防衛保険・・・生命保険による人的リスクヘッジ
・基本的には大同生命保険を活用。
・保険サービスシステムとの提携も推し進める。
・お客様全てに、必要保障額の提示を決算前検討会開催時にお伝えする。
2.帳簿作成指導・・・TKC自計化システム、FX2の導入を推進する。
3.事業承継、相続対策に関わる業務・・・資産税部が中心となり、お客様の財産保全対策を提示する。 必要な場合、外部の専門家の力を借りてでも良い仕事をする。

Copyright © 高林幸裕税理士事務所 All Rights Reserved.